〒903-0114沖縄県中頭郡西原町字桃原85番地 TEL098-945-9268 受付時間平日9:00~17:00

司法書士宮城事務所 > お便り > お便り > PartⅢ どこが変わった?ここが変わった!⑤ (仮訳)

PartⅢ どこが変わった?ここが変わった!⑤ (仮訳)
2016年01月19日

Q 現行民法に定められている「時効の中断」や「時効の停止」はどのようになるのでしょうか?

Q What do “Renewal of prescription” and “Suspension of prescription” that is provided by the existing Civil Code change into?

 

A 「時効の中断」が「時効の更新」に、「時効の停止」が「時効の完成猶予」に改められ、わかりやすくなります。

A “Renewal of prescription” changes into “republication of prescription”, ”Suspension of prescription” changes into “completion grace of prescription”.

 

 

消滅時効は、権利を長期間行使しない債権者については、法律で保護をしないという制度です。したがって、現行民法でも債務者に対して請求や裁判などをした場合には、消滅時効の期間の進行をゼロに戻すという規定になっています。これを時効の中断と呼んでいます。たとえば、野球の試合で途中3回表に雨が降ってきて、試合が中断することがありますが、試合を再開するときは当然3回表から再開されます。しかし、法律用語の「中断」は、このような意味で用いられておらず、1回表からあらためて試合を始めるということになります。一方、3回表から再開することを時効の停止と呼んでいます。このような用語はわかりにくいことから、新しい民法では現行民法の時効の中断を時効の更新、時効の停止を時効の完全猶予と改めることとしています。

 

Extinctive prescription is a rule. Obligee who doesn’t use his or her right for a long time isn’t conserved by the rule. So, the following is prescribed when a obligee asks a obligor to claim or the obligee put the obligor on trial, the proceedings of the term of extinctive prescription get back to nothing. It is called “Renewal of prescription”. For example, at the baseball game, the game is suspended by rain in the top of the third inning, but if the game is restarted, the game is restarted from the top of the third inning. But “Renewal” which is the word of the law doesn’t mean the same as above. The “renewal” means restart from the top of the first inning while restart from the top of the third inning is called “Suspension of prescription”. These words aren’t easy. So, on the new Civil Code, “Renewal of prescription” changes into “republication of prescription” and “Suspension of prescription” changes into “completion grace of prescription”.

 

現行民法では時効期間の満了にあたって天災などの障害が発生した場合、障害がなくなってから2週間は時効の完成が猶予されるという規定になっています。しかし平成23(2011)年の東日本大震災の経験などから、新しい民法ではこれを3か月間に伸ばします。

 

The existing Civil Code provide that the expiration of the period of prescription gives a two week period from the time when difficulty like natural disaster run out. But the new Civil Code delay the period to a three month because of the experience of the Grate East Japan Earthquake.

 

債務者が支払いを逃れるために、財産を他人に移すことを防ぐための方法(仮差押え・仮処分)が民事保全法という法律で定められています。現行民法ではこれを時効の更新の事由としていますが、仮差押えや仮処分は、裁判を起こす前に行うもので、債権があるかどうかは、これからの裁判で決まるものです。そのような場合に、時効期間を更新させるのは少し行き過ぎではということで、新しい民法では、仮差押えや仮処分をしても時効期間が更新されず、完成が猶予されるにとどまることになります。

 

The way to prevent obligor transferring his or her property to avoid payment (Provisional Seizure ・Provisional Disposition) is provided by the law that is said Civil Provisional Remedies Act. In the existing Civil Code, Provisional Seizure and Provisional Disposition is the reason of Renewal of prescription. But these are issued before bringing a suit. Whether lone exists or not is settled by the suit in the future. So, on the new Civil Code, Provisional Seizure and Provisional Disposition don’t lead the obligor to renew the period of prescription. These lead him or her to give a reprieve.

 

 

出典:『民法改正でくらし・ビジネスはこう変わる!』 2015年 日本司法書士会連合会 ㈱中央経済社

 

 

元旦の夜、スルメを無理やりに噛み切ろうとして、右奥歯にひびが入りました。ズキズキ痛む日々をなんとか乗り越え、月曜日に歯医者さんに行って、その歯を抜くことに・・。治療中、お医者さんが渾身の力で(?)引っ張るので、顎がはずれそうでした。

元旦から歯痛地獄巡りでした。