〒903-0114沖縄県中頭郡西原町字桃原85番地 TEL098-945-9268 受付時間平日9:00~17:00

司法書士宮城事務所 > お便り > お便り > PartⅢ どこが変わった?ここが変わった!④ (仮訳)

PartⅢ どこが変わった?ここが変わった!④ (仮訳)
2016年01月09日

Q 消滅時効の期間はこれまでより短くなるのでしょうか?

Q Is the term of extinctive prescription shorter than ever?

 

A これまで10年間として定められていた一般的な消滅時効の期間は、5年に短縮されます。

A The term of extinctive prescription is shorten to five years from ten years.

 

 

賃金の返済を請求するなどの権利(債権)は、一定の期間を過ぎてしまうと、請求できなくなることがあります。この制度のことを消滅時効といい、現行民法の規定では権利を行使できるときから10年間を経過し、相手方が時効を主張すると(時効の援用)権利が消滅することになります。この時効制度は、権利を行使できるにもかかわらず長期間に渡り放置している債権者は保護に値しないということによるものです。

The right to claim repayment of lone and the like (claim) may be invalid when a civil term pass. This rule is said extinctive prescription, the provision of the existing Civil Code is the following. If ten years passed since the time you exercise the right, the right shall be extinguished when the other party asserts the prescription (invocation of prescription). This rule of prescription means that the obligee who leaves the right for a long time deserve guardianship.

 

消滅時効は、お金を支払った債務者としても、領収書を何年も保管しているわけではありませんから合理的な制度といえます。現行民法では消滅時効の期間を、たとえば飲み屋のツケは1年、建築工事の工事代金は3年などのように、債権の種類に応じて細かく分けて規定しています。しかし、このような区分は複雑でわかりにくいことから、新しい民法では、これらを一本化してわかりやすくすることにしています。

The rule of extinctive prescription is reasonable for obligor who pays money because he or she don’t keep receipt for years. The existing Civil Code provides the term of extinctive prescription in detail according to the kind of debenture. For example, the tab of a bar is a year, the cost of construction work is three years, and the like. But this division is complex and difficult. So the new Civil Code integrates these division.

 

一般的な10年という時効期間については、権利を行使できるときから10年間(客観的な時効期間)と、権利を行使できることを知ったときから5年間(主観的な時効期間)の2段構えのルールに変更されることになります。たとえば平成20年に遠方の親戚に対して、「司法書士試験に合格したら返す」という約束で10万円を貸し、平成23年に合格したもの、親戚が合格を知ったのが平成25年だったという場合はどうなるでしょうか。このケースでは、債権を行使できるのを知ったときから5年経過するのは平成30年であり、権利を行使できるときから10年間経過するのは平成33年であることから、時効が完成するのは先に到来する平成30年ということになります。

The term of prescription that is ten years changes the rule with two possible strategies at hand that is “the objective term of prescription” and “the subjective term of prescription”. “The objective term of prescription” is ten years since you may exercise authority, and “the subjective term of prescription” is five years since you know that you may exercise authority. For example, you lend 100,000 yen to distant relative at 2008 under the promise that is recovery when you pass the test of judicial scrivener. You passed the test at 2011, but he or she knew it at 2013. How’s the term of prescription, in this case. In this case, it is 2018 when five years passed from he or she know to exercise claim, and it is 2021 when ten years passed since he or she may exercise claim. So the expiration of prescription is 2018 that come earlier.

 

 

出典:『民法改正でくらし・ビジネスはこう変わる!』 2015年 日本司法書士会連合会 ㈱中央経済社

 

 

去年の年末に山登りをしたとき、赤い実をつけている植物が気になりました。図鑑で調べると“アザカ”というもののようです。実が深紅で、漆でも塗ったかのような気品がありました。本でも、祭祀に使われる木とのことです。確かにご先祖様も嬉しくなってくれそうです。