〒903-0114沖縄県中頭郡西原町字桃原85番地 TEL098-945-9268 受付時間平日9:00~17:00

司法書士宮城事務所 > お便り > お便り > PartⅢ どこが変わった?ここが変わった!③ (仮訳)

PartⅢ どこが変わった?ここが変わった!③ (仮訳)
2015年12月28日

Q 法律行為を取り消した場合には、どうなるのでしょうか?

Q In Case I revoke a transaction, what is the process of the transaction?

 

A 現状に回復する等具体的な処理の方法が規定され、わかりやすいものとなります。

A The new Civil Code restores the transaction to its original condition.

 

 

現行民法では、法律行為が取り消されると初めから無効とすると規定されています。また、未成年者等の制限行為能力者は、現に利益を受けている限度で返還の義務を負うとのみ規定されています。一方、制限行為能力者でない場合ですと、法律上の原因なく他人の財産または労務によって利益を受けたとして、利益が存在する限度または受けた利益に利息を付けて返還させるという不当利得のルールを適用して処理されます。

On the existing Civil Code, an act which is rescinded is deemed void from the beginning. And a person with limited capacity to act shall have the obligation to reimburse to the extent that he/she is actually enriched as a result of such act. While in the case a person without limited capacity to act, a person who has benefited from the property or labor of others without legal cause shall assume an obligation to return that benefit, to the extent the benefit exists or the benefit received together with interest thereon (obligation to return unjust enrichment).

 

新しい民法では、①原状回復、②無償行為については相手方が善意(無効事由や取消事由があると知らなかった)であれば、現在残っている利益(現存利益)の範囲内で返還、③意思無能力者は現存利益の範囲内で返還、ということが明確に規定されます。

The new Civil Code provides clearly the following ①recovery ②concerning gratuitous act, if other party is in good faith (the other party didn’t know causes of nullity or rescission), you may return within the benefit that remains currently (actual enrichment), ③a person without mental capacity may return within actual enrichment.

 

取消しができる行為であっても、それを認めて有効とすること(追認)についても、取消しの原因となっていた状況が解消され、かつ取り消すことができること(取消権)を知った後でなければ、その効力が生じないとされます。たとえば、被保佐人が保佐人の同意を得ないで車を買った場合、後に被保佐人でなくなったときには、自分が車の購入契約を取り消すことができることを知った時から追認することが可能になるわけです。これは、追認を取消権の放棄ととらえ、取消権があることを知っていることを要件とした判例を明文化したわけです。これにより未成年者や被保佐人等の保護が厚くなることになります。加えて、親権者等の法定代理人や保佐人・補助人が追認することができることはもちろん、法定代理人や保佐人・補助人の同意を得て制限行為能力者(成年被後見人を除く)が追認できることも明文化されます。

In the case the transaction is voidable, a ratification shall not be effective unless it is made after the circumstances that made the act rescindable ceases to exist and the right to rescind act is known. For example, in the case person under curator, when person under curatorship become person without limited capacity, he/she is possible to made ratification since he/she knows that he/she is voidable contract of the purchase of a car. A ratification consider renunciation of the right to rescind act, regarded knowledge about the right to rescind act as the requirement. This precedent is provided for the new Civil Code. From this, the protection of minor or a person with limited capacity and the like is better. Statutory agent of person who has parental authority, curator, and assistant makes ratification. It is writing in a new Civil Code that a person with limited capacity to act (without adult ward) can make ratification at consent of a statutory agent, curator, and assistant.

 

 

出典:『民法改正でくらし・ビジネスはこう変わる!』 2015年 日本司法書士会連合会 ㈱中央経済社

 

 

自分の机に新しい電気スタンドを置きました。やる気倍増です。