〒903-0114沖縄県中頭郡西原町字桃原85番地 TEL098-945-9268 受付時間平日9:00~17:00

司法書士宮城事務所 > お便り > お便り > 相続に関する法律 韓国⑦

相続に関する法律 韓国⑦
2015年12月28日

 

第5部 韓国法

淑明女子大学 郭 珉希

各国の相続法制に関する調査研究業務報告書より

平成26 年10 月公益社団法人 商事法務研究会

法制審議会-民法(相続関係)部会資料より

 

 

 

 

5 相続分

 

1 相続分の概念

 

一般に相続分とは共同相続人が包括的な相続財産に関して持っている権利・義務の割合を指す。もっとも、韓国民法上の相続分という用語はこのような意味のほかにも、様々な意味がある。

 

例えば、抽象的相続分、具体的相続分、相続財産の分割の以前の相続人の地位としての相続分がそれである。第1 に、抽象的相続分とは共同相続人の各自が相続財産を構成する被相続人の権利・義務を承継する割合、言い換えれば、相続人の取得する相続財産の総額に対する分数的な割合をいう。

 

韓国民法1007 条(共同相続人の権利義務承継)・1009 条(法定相続分)における相続分とはこのような抽象的相続分を意味する。これに対し、第2 に、韓国民法1008 条(特別受益者の相続分)・1008 条の2(寄与分)においての相続分は具体的相続分を意味する。

 

具体的相続分とは、相続財産の総価額から抽象的相続分率を乗じて算定した金額、つまり、相続人が具体的に取得する額のことである。最後に、相続財産分割の以前に各相続人が相続財産の全体に対して有している包括的な権利ないし法律上の地位そのものを意味する。韓国民法1011 条の相続分とはこのような意味の相続分である。

 

 

 

2 指定相続分

 

相続分の決定に関して、韓国民法1009 条及び1010 条は法定相続分のみを定めている。つまり、被相続人が遺言で共同相続人の「相続分」44(これを指定相続分という)を定めることができるのかについては規定がない。このことから学説は、指定相続分を認めるかどうかについて争われてきた。

 

まず、韓国相続法には指定相続分に関する規定がなく、しかも、遺言は法定事項のみを認めているので、現行民法上、指定相続分を認めることはできないとする否定説がある。これに対し、通説は次のような理由で指定相続分あるいは遺言相続分を認めている。

 

すなわち、韓国民法上、遺言による包括遺贈が認められており、包括遺贈は第三者のみならず共同相続人に対してもできる。この際、包括受贈者は財産相続人と同一な権利義務があるから、結局、共同相続人に対する包括遺贈は一種の指定相続分として捉えることができるという。

 

但し、相続分指定的包括遺贈があったとしても、相続債務には影響を及ばさないとされている。したがって、被相続人の債権者は相続分の指定にも関わらず、共同相続人に対して法定相続分に応じる請求ができると解される。

 

3 法定相続分

 

被相続人による相続分の指定がなければ、相続分の決定は民法1009 条に従って法定相続分によることになる。韓国民法が定める法定相続分は次のようである。

韓国民法1009 条(法定相続分) ①同順位の相続人が数人あるときは。その相続分は均分とする。

 

②被相続人の配偶者の相続分は直系卑属と共同で相続するときは直系卑属の相続分の5 割を加算し、直系尊属と共同で相続するときは直系尊属の相続分の5 割を加算する。

 

③削除(1990.1.13.)

韓国民法1010 条(代襲相続分)①第1001 条の規定により死亡又は欠格した者を代襲して相続人となるものの相続分は、死亡又は欠格した者の相続分による。

 

②前項の場合、死亡又は欠格した者の直系卑属が数人あるときは、その相続分は死亡又は欠格した者の相続分の限度において第1009 条の規定に従って定める。第1003 条第2 項の場合にも同様とする。

 

同順位の相続人間には均分平等相続の原則を貫いている。配偶者の相続分は直系卑属・直系尊属より5 割を加算し、代襲相続人の相続分は被代襲者の相続分に従うということは前述した。他方、2005 年の民法改正の際、扶養相続分(いわゆる、親孝行相続分)というのを新設しようとの主張があったが、立法には至らなかった。

 

その代わり、扶養による相続分の増加は1008 条の2の寄与分規定の改正によってある程度反映されることになった。

例えば、法定相続分の規定によると相続総額を100 として具体的な相続分の計算は次のようである。

 

夫が死亡した場合

妻(1.5) 3/9×100

長男(1) 2/9×100

長女(1) 2/9×100

次男(1) 2/9×100

 

婚姻した長男が

死亡した場合

 

父(1) 2/7×100

母(1) 2/7×100

妻(1.5) 3/7×100

 

代襲相続

(父の死亡)

母(1.5) 3/9×100

長男(被代襲者)(1)

妻 2/9×100×3/5

子 2/9×100×2/5

長女(1) 2/9×100

次男(1) 2/9×100

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA