〒903-0114沖縄県中頭郡西原町字桃原85番地 TEL098-945-9268 受付時間平日9:00~17:00

司法書士宮城事務所 > お便り > お便り > PartⅢ どこが変わった?ここが変わった!② (仮訳)

PartⅢ どこが変わった?ここが変わった!② (仮訳)
2015年12月21日

Q 代理をしてもらった場合、代理人に問題があったときはどうなるのでしょうか?

Q In the case that I request an agent to represent transaction, if it is questionable whether he or she is qualified to be my agent, what should I do?

 

A 代理人に問題があった場合、一定の要件がそろって、はじめて取り消すことができます。

A The agent is the person in problem, his or her transaction is voidable with some requirements.

 

 

現行民法では、たとえば代理人が詐欺を行ったような場合、本人(委任者)が詐欺の事実を知っていたか否か、知ることができたか否かにかかわらず取り消すことができると解釈されています。新しい民法では、代理人が相手方に対して行った意思表示について、意思の不存在・詐欺・強迫に基づく場合には、その事実を知っていたのか否か、過失なく知らなかったのか否かは代理人を基準にして判断して、取り消せるかどうかが決まることになります。

At the existing Civil Code, in cases an agent commits a fraud, you are voidable. You are not affected by knowing or not knowing the fraud or whether or not such fact existed. At the new Civil Code, about the manifestation of intention based on absence of intention made by an agent to the other party, some fraud or some duress, knowing or not knowing the facts or knowing or not knowing the facts without some negligence shall be determined with reference to the agent, and the manifestation of intention is determined whether voidable or not.

 

現行民法では、制限行為能力者(成年被後見人や成年被保佐人等)を代理人とすることもできるとしていますが、この場合、代理人が制限行為能力を理由として取り消すことはできません。しかし、超高齢化社会を迎え、制限行為能力者は増加の一途をたどっており、夫が妻の後見人であるような場合、夫が認知症を発症し、夫自身が成年被後見人となることも想定されます。このような場合にまで取り消しを認めないとすると、妻に不利益となるおそれがでてきます。新しい民法では、制限行為能力者が法定代理人となっている場合には取り消せることになります。

On the existing Civil Code, the person with limited capacity (adult ward, person under curatorship and the like) can be chosen an agent. But the agent’s transaction isn’t voidable from the reason that the agent is the person with limited capacity. But our society entered aging society. For example, the following case will happen. The husband is a guardian of an adult of the wife, but the husband suffer from dementia, and the husband is adult ward, too. The above case, the wife will suffer any detriment as a result of the husband’s transaction. On the new Civil Code, when the person with limited capacity is statutory agent, his/her transaction may be rescinded.

 

代理人が代理人自身や第三者の利益を図る目的で代理行為を行ったような場合(代理権の濫用)、相手方がその事実を知っていたか、または知ることができた場合には、無権代理人として履行または損害賠償責任を負うことが原則とされます。

If the agent performed transaction to get benefit of him/her and a third party (abuse of right), the agent performs as an unauthorized agent or the agent performs damages.

 

 

出典:『民法改正でくらし・ビジネスはこう変わる!』 2015年 日本司法書士会連合会 、㈱中央経済社

 

 

サトウキビの背の高い穂がゆっくりと風に乗って揺れていますね。暗闇の中で見ると、なぜだか、その様子が、みんなでお経を唱えているような感じがします。

暗闇の中の植物の沈黙は何か迫力があります。