〒903-0114沖縄県中頭郡西原町字桃原85番地 TEL098-945-9268 受付時間平日9:00~17:00

司法書士宮城事務所 > お便り > お便り > PartⅢ どこが変わった?ここが変わった!① (仮訳)

PartⅢ どこが変わった?ここが変わった!① (仮訳)
2015年12月14日

Q 意思表示が錯誤であった場合、どうなるのでしょうか?

Q How is the transaction when the manifestation of intention was mistake?

 

A 意思表示に錯誤があった場合には、取り消すことができるものとされ、錯誤を主張できる要件が明確になります。

A If manifestation of intention has mistake, the manifestation of intention may be rescinded. The requirement to claim mistake is clear.

 

 

たとえば、現行民法では、時計を10万円で売ろうとしたところ1万円と値札に書いてしまった場合(表示の錯誤)、無効ということになります。また、近くに駅ができると聞き、値上がりするだろうと思って土地を買いましたが、その話がでたらめだった場合(動機の錯誤)、「近くに駅ができると聞いたのでこの土地を買いたい」というように動機が法律行為の基礎として意思表示に含まれていたときには無効になります。このように、錯誤による無効が成立するためには、要素の錯誤(重要な部分の錯誤)が必要であるとされています。

On the current Civil Code, you showed 10000 yen on the price tag of a watch, when you thought you’ll sell a watch in 100000 yen (the mistake of manifestation). The transaction is annulment. You got an information that a station will be built, and you bought a land near the station to think the land will cost high. But the information was a lie (the mistake of motive). “I want to buy this land because I heard that the station will be built nearly at this land.” When the motive like this case is included in manifestation of intention as the base of the transaction, the transaction is annulment. So it is said that the annulment by mistake needs (a mistake of important part).

 

新しい民法では、錯誤による無効は当事者が主張する点に着目し、取消しと類似しているため、取り消すことができると改められます。また、錯誤の要件である「要素」を「法律行為の基礎とした事情」とし、一定の場合には動機の錯誤も取り消せることが明文化されます。

On the new Civil Code, the annulment by mistake is voidable because it resembles rescission that the party claims the annulment. And the requirement about mistake change over from “element” to “circumstances as base of transaction”. The mistake of motive is also voidable under the constant situation, it is provided for in the new Civil Code.

 

ただし、意思表示をした人に重大な過失があった場合には、取消すことができないとし、例外として、相手方が錯誤に陥っていることを知っていた場合(悪意)、知らなかったことについて重大な過失があった場合(重過失)や、相手方が意思表示した人と同様に錯誤に陥っていた場合には取消すことができます。

However, that the person who made the manifestation of intention may not be voidable if the person making the manifestation was grossly negligent. Except for the following case. If the other party knew that the person making the manifestation fall into the mistake (in bad faith), the manifestation of intention is voidable. If the other party have the gross negligence in case he or she could not have known (gross negligent), the manifestation of intention is voidable. And if the other person fall into the mistake, the manifestation of intention is voidable, too.

 

第三者との関係では、意思表示をした人が錯誤に陥っていることを知らず、かつ知らないことについて過失がない(善意無過失)第三者に対しては、取消しを主張することができないとし、これまでの解釈が明文化されます。

In cases any third party could not know that the person making the manifestation fall into the negligent if he or she didn’t know (in good faith and without negligence), the person making the manifestation may not be rescinded against the third party.

 

 

出典:『民法改正でくらし・ビジネスはこう変わる!』 2015年 日本司法書士会連合会、㈱中央経済社

 

 

大嶺政寛氏の『辻原の墓地』の絵葉書を机に飾っています。そこに吹いている風が、こちらにも吹き抜けていくようです。皆さんは、展示会に行かれましたか?