〒903-0114沖縄県中頭郡西原町字桃原85番地 TEL098-945-9268 受付時間平日9:00~17:00

司法書士宮城事務所 > お便り > お便り > 7 相続人が行方不明、どうすればいい?(仮訳)

7 相続人が行方不明、どうすればいい?(仮訳)
2015年12月11日

 

The heir is absentee.

What is the procedure?

 

相続人の中に行方不明の人や、生死すらわからない人がいると、遺産の分割協議ができず困ったことになります。その場合は次のような措置をすることができます。

 

If one of the heirs is missing or you don’t know life and death of the heir, you may not agree to division of the property.

In this case, you can do the following procedure.

 

不在者財産管理人をおく

You may appoint the administrator of absentee property.

 

共同相続人の一人が行方不明の場合、他の相続人が家庭裁判所に不在者財産管理人を選任してもらうよう申立てができます。不在者財産管理人は、行方不明の相続人の財産の目録を作り、それを保管できる権限を持ちます。

また不在者財産管理人は家庭裁判所の許可を得れば、他の相続人と遺産分割の

協議をすることができます。

 

If one of the heirs is missing, the other heirs may apply to the family court to appoint the administrator of absentee property.

The administrator of absentee property executes the list of property of absentee heir and keeps it.

If the family court permit, the administrator of absentee property may agree to division of the property with the other heir.

 

 

 

参考I reference.

司法書士アクセスブック

よくわかる相続

日本司法書士会連合会

 

ポスト820151211