〒903-0114沖縄県中頭郡西原町字桃原85番地 TEL098-945-9268 受付時間平日9:00~17:00

司法書士宮城事務所 > お便り > お便り > PartⅡ 改正はどのように行われた?⑥ (仮訳)

PartⅡ 改正はどのように行われた?⑥ (仮訳)
2015年12月07日

Q 司法書士は、民法改正に関してどのような活動をしてきたのでしょうか?

Q How was judicial scrivener concerned with the amendment of the Civil Code?

 

A 契約や登記に与える影響を検討したうえで、法制審議会に対して意見を述べてきました。また、民法改正に関する解説をホームページにアップし、国民への普及に努めています。

A We considered the effect that the amendment had on contract and registration. And we upload explanations to website to be becoming popular with citizen.

 

 

司法書士は国家資格であり、①土地や建物の名義変更等(不動産登記)、②会社の設立や役員変更等(商業登記)、③認知症の方の財産管理等(成年後見)、④売掛金回収や敷金返還請求などの裁判書類の作成や140万円以内の訴訟代理等(裁判事務)などの業務を行っています。これらの業務は深く民法に接しているといえます。また、司法書士はその全員が司法書士会に所属し、その司法書士会を束ねるのが日本司法書士会連合会(以下「日司連」といいます)です。

Judicial scrivener is national qualification, and makes judicial papers that concern ①changing the ownership of a house and a land ( registration of immovable property ), ②establishment of company and changing of board ( commercial registration ), ③administration of dementia persons ( guardian of majority ), ④recovery of accounts receivable and claim to refund the security deposit. And also performs takes of counsel that limits the expense to 1400000 yen ( trial business ). As these tasks concern the Civil Code deeply, it is said the judicial scriveners contact the Civil Code on everyday business. All judicial scriveners belong to Shiho-shoshi’s Associations, and Japan Federation of Shiho-shoshi’s Associations.

 

日司連では、今回の民法改正を重点課題に掲げ、精力的に取り組んでいて、平成21(2009)年6月の民法改正に関する委員会を立ち上げました。委員会では全国から集まった司法書士が議論を行い、実務に即した意見をタイムリーに法制審議会に提出してきました。

Japan Federation of Shiho-shoshi’s Associations sets the amendment of Civil Code the important subject, and they work on the subject. The committee of the amendment of the Civil Code was set up on June, 2009. At the committee, the judicial scriveners came from all over Japan and they argued. They timely proposed opinions that fit their business to Legislative Council.

 

このほか、法制審議会の委員等を招いてシンポジウムを開催し、新しい民法についての課題等を探ってきました。また、今回の民法改正の議論をわかりやすく市民の方々に伝えるために、ホームページで市民目線での民法改正の情報をアップしています。おおむね1カ月に1回のペースで新しい記事を追加しており、改正の経緯や市民生活に与えるえいきょうなどについて手軽に知ることができると思います。なお、委員会等で検討した内容を、全国の司法書士に周知することを目的とした研修会にも積極的に取り組んでいます。

Japan Federation of Shiho-shoshi’s Associations also held the symposium that the members of Legislative Council was invited, and the problem about the new Civil Code was considered. Japan Federation of Shiho-shoshi’s Associations report easily the information of issue about the amendment of the Civil Code to citizens on website. About one out of one month, we add the website a new information, you may know easily the progress of the amendment and influence on the life of citizens. About the contents considered on the committee, we hold the workshop to all judicial scriveners.

 

 

 

出典:『民法改正でくらし・ビジネスはこう変わる!』 2015年 日本司法書士会連合会 ㈱中央経済社

 

 

司法書士宮城事務所では、財産の一部を別扱いにして暮らしに役立てていく、民事信託の講座を毎週土曜日に行っています。ご興味のある方はお気軽にご予約ください。