〒903-0114沖縄県中頭郡西原町字桃原85番地 TEL098-945-9268 受付時間平日9:00~17:00

司法書士宮城事務所 > お便り > お便り > PartⅡ 改正はどのように行われた?④ (仮訳)

PartⅡ 改正はどのように行われた?④ (仮訳)
2015年11月23日

Q 新しい民法の具体的な改正作業は、どのようなところで行われていたのでしょうか?

Q At what kind of place was detailed change work of a new Civil Code performed?

 

A 法務省に設置された法制審議会という国の機関で検討が行われました。

A That was considered at the arm of nation that is the Legislative Council of the Ministry of Justice.

 

法制審議会とは、法務省に設置された審議会の1つです。

The Legislative Council is one of the council that is established in the Ministry of Justice.

 

新しい民法の改正については、平成21(2009)年に当時の千葉景子法務大臣から法制審議会に対し、次のとおり諮問(有識者に意見を求めること)がなされました。

The Minister of Justice in those days Kageko Chiba consulted the Legislative Council about the new amendment of the Civil Code.

 

諮問88号

民事基本法典である民法のうち債権関係の規定について、同法制定以来の社会・経済の変化への対応を図り、国民一般に分かりやすいものとする等の観点から、国民の日常生活や経済活動にかかわりの深い契約に関する規定を中心に見直しを行う必要があると思われるので、その要綱を示されたい。

Consultation No.88

The provisions of law of obligations in the Civil Code, the basic code of private law, need to be reformed especially focusing on those provisions governing contract which are deeply relate to people’s daily life and economic activities. This come from the viewpoint that the Civil Code provisions need to correspond to the changes of social economy since its legislation so that they become more understandable to the public. Accordingly, the Minister of Justice requests the Legislative Council to present the basic policy of the reform.

 

これを受け法制審議会では、「民法(債権関係)部会」を設置しました。部会のメンバーは、部会長、委員、委員を補佐する幹事と各省庁の関係官で構成されました。委員は学識経験者から法務大臣が任命します。民法(債権関係)部会のメンバーの内訳としては、学者、裁判所ほか官庁、弁護士、民間企業その他となっています。

In response to this consultation, the Legislative Council established “Working Group on the Civil Code (Law of Obligations)”. The members of the group consists of chair, commissioner, manager who assists with a commissioner, and the related government post of each ministry. The Minister of Justice appoints a commissioner from scholars and men of experience. The details of the member of the Working Group on the Civil Code (Law of obligations) are scholar, courthouse, government office, lawyer, and private enterprise and other things.

 

法制審議会の「民法(債権関係)部会」は、結果として合計99回の会議が開催されました。まず、民法改正について、どの部分を改正すべきかの全体の網羅的なチェックが行われました。その作業後、広く国民に意見を問うパブリックコメントの募集を行い、抽出された論点について1つ1つ詳細な検討が行われました。その検討結果に基づいて、2度目のパブリックコメントの募集を行い、民法改正の具体案を作るための議論がなされました。また法制審議会で議論がなされている間も国民からの声を広く受け付けていたことから、司法書士や弁護士などの実務家団体は、法制審議会に対して様々な意見書を提出しました。

“Working Group on the Civil Code (Law of obligations)” of the Legislative Council held the meeting that totaled 99 times, consequently. First of all whole comprehensive check which part must they reform was performed. After the work, they recruited Public Comment that is nation’s opinion. Then in-depth consideration about each of the common opinions was performed. They recruited the second Public Comment based on the study result. The argument to make the definite plan of the amendment of the Civil Code was performed. The opinions from nation was recruited when the Legislative Council argued. So the group of practitioner consist of judicial scrivener, lawyer, and so on produced various opinion to the Legislative Council.

 

これらの法制審議会の議論については、資料や議事録が法務省のホームページで公開されています。

About these argument of the Legislative Council, file and minutes can read at home page of the Ministry of Justice.

 

出典:『民法改正でくらし・ビジネスはこう変わる!』 2015年 日本司法書士会連合会 ㈱中央経済社

法務省ホームページ「Consultation No.88 (English translation)」

 

昨日、平成28年度の判例六法を購入しました。表紙の色がエメラルドグリーン(?!)で目が覚めるようです。