〒903-0114沖縄県中頭郡西原町字桃原85番地 TEL098-945-9268 受付時間平日9:00~17:00

司法書士宮城事務所 > お便り > お便り > 法定後見と任意後見の違い –全部か契約で決めるか–

法定後見と任意後見の違い –全部か契約で決めるか–
2015年11月12日

 

 

すみれ

「ポリー、おはよう。」

 

ポリー

「すみれ、おはようございます。」

 

すみれ

「ご飯食べた?」

 

ポリー

「はい。カレーでした。」

 

すみれ

「カレーか。こっちはみかんと白菜だったよ。」

 

ポリー

「組み合わせですね。すみれ、後見人って法定後見人と任意後見人の2種類あるって知ってました?」

 

すみれ

「何となく聞いたことあるよ。」

 

ポリー

「法定後見は、すでに判断能力が低下している方に後見人が就きます。

任意後見は、今は元気でカレーも食べるけど、将来に備えておきたい、認知症などになった時に後見人に就く人を決めておきます。」

 

すみれ

「いつ決めるか、誰が決めるか。かな。」

 

ポリー

「そうですね。法定後見人を始めるには、まず家庭裁判所への申立てます。

任意後見人を始めるには、まず公証人役場で、任意後見契約書の公正証書にします。その後、(支援を受けたい人が認知症などになったら)任意後見人に就く人が、家庭裁判所へ申し立てます。」

 

すみれ

「後見人を始める時は、家庭裁判所なんだ。」

 

ポリー

「はい。切れない縁というんでしょうか。

支援の内容は、法定後見は、始まると後見人が財産に関する代理権を全部持ちます。

任意後見が始まると、契約した内容の代理権を任意後見人が使って支援します。例えば、預貯金は自分で管理して、不動産とその管理費用は任意後見人が管理する、と定めることができます。」

 

すみれ

「法定後見は全部管理で、任意後見は分けて管理か。」

 

ポリー

「はい。後見人を誰にするか、法定後見人は最後は家庭裁判所が決めます。任意後見人は、自分が管理を任せたいと思う人にお願いします。」

 

すみれ

「後見人を誰にするか決めるのは違うんだ。」

 

番人

「にいさん。ここら辺はハブが3匹4匹出るよ。」

 

ポリー

「ハブはまだ観たことないですね。後見人への給料は、法定後見人は家庭裁判所が決めます。

任意後見人の場合は契約で決めます。

任意後見人の場合は必ず任意後見人を監督する人が就きます。」

 

すみれ

「監督。監督。監督。監督されるんなら最初から契約しない方がいいんじゃない?」

 

ポリー

「監督。自分が認知症になると、任意後見人は、迷うことがあっても誰に相談したらいいか分からないので、就けておくということです。」

 

すみれ

「そうなんだ。相談相手か。」

 

ポリー

「あと、任意後見人は取消権が無かったり、家庭裁判所に申立てるタイミングがあったり、法定後見に切り替える時もあります。」

 

すみれ

「ポリー、ありがとう。」

 

番人

「高橋由伸監督、最初から賭博などあり、大変かもしれませんが、大きな決断を応援します。」

 

 

 

壁掛けの時計の裏に住みつけるヤモリ一匹モリオと名づく 俵 万智