〒903-0114沖縄県中頭郡西原町字桃原85番地 TEL098-945-9268 受付時間平日9:00~17:00

司法書士宮城事務所 > お便り > お便り > PartⅡ 改正はどのように行われた?② (仮訳)

PartⅡ 改正はどのように行われた?② (仮訳)
2015年11月10日

Q 民法のどの部分が改正されるのでしょうか?

Q Which part of the Civil Code is made an amendment to?

 

A 現行民法のうち、契約に関するルールを中心に債権の部分が改正されます。

A On the existing Civil Code, a part of credit is revised focusing on a rule about contract.

 

現行民法は、5つのパートに分かれています。意思能力や消滅時効の期間などの一般的な事項を定めた「総則」、所有権や抵当権といった人と物の関係を定めた「物権」、売買契約や消費貸借契約といった人と人との債権債務の関係を定めた「債権」、結婚や養子縁組などの関係を定めた「親族」、人が死亡したときの関係を定めた「相続」です。

The existing Civil Code is split into five parts. “General provisions” is prescribed general matter of mental capacity and period of extinctive prescription. “Real right” is prescribed the relation between a person and a thing that is ownership and mortgage. “Credit” is prescribed the relation of debts and credits between persons that is selling content and lone content. “Relative” is prescribed the relation that is marriage and adoption. “Death tax” is prescribed the relation when a person dies.

 

民法は国民の生活において重要な役割を果たす法律です。今回の改正では現行民法の全部ではなく、人と人との契約に関するルールを中心に見直しがなされます。具体的には、「総則」の一部と「債権」の大部分です。

The Civil Code is the law that plays the important role in a national life. On the amendment, they reconsider about not all of the Civil Code but focusing on the rule of contract between persons. Specifically a part of “general provisions” and almost “credit”.

 

現行民法では、判断能力が不十分な人の法律関係について定めた成年後見制度や、交通事故による損害賠償について定めた不法行為などの重要なルールも、総則や債権の中にあります。これらについては、契約関係はないので、必要に応じて見直しをするものの、抜本的な改正はなされないことになっています。ただし、法定利率や消滅時効については、不法行為の規定と密接に関連していますので、結果として改正の影響を受けることになります。

In the existing Civil Code, at the general provisions, there is system of guardian of adult that is provided legal relation of the person whose judgement ability is insufficient. In the existing Civil Code, at the credit, there is illegal act that is provided damages by traffic accident. These are not contract relation. So these are reconsidered as the need arises, but these aren’t going to be revised radically.

 

ちなみに、かつて法制審議会で議論がされた「親族」のパートに含まれる「夫婦別姓」や、「総則」のパートに含まれる「成人年齢の引き下げ」については、反対論も根強く、実現には至っていません。

But the amendment of statutory interest rate and extinctive prescription relative closely illegal act, so it is influenced by the amendment. The “separate names for married couples” included the part of “relative” argued at the front by the council and reduction in age of adult included the part of “general provisions” aren’t revised because the cons are also persistent.

 

「相続」のパートについては、最近、改正の具体的議論がスタートしています。

Concrete argument of the part of “death tax” begins recently.

 

 

出典:『民法改正でくらし・ビジネスはこう変わる!』 2015年 日本司法書士会連合会 ㈱中央経済社

 

 

散歩で拾ってきた松ぼっくりに色を塗ったら、クリスマスツリーのように!