〒903-0114沖縄県中頭郡西原町字桃原85番地 TEL098-945-9268 受付時間平日9:00~17:00

司法書士宮城事務所 > お便り > 家族信託・民事信託 > 分筆・共有・家族信託

分筆・共有・家族信託
2015年10月26日

 

 

ポリー

「ご主人がアパートを持っていて、土地を3つに分けたあと、娘3名に一つずつあげようかっていう話をしていました。」

 

すみれ

「子ども想いだね。」

 

番人

「いいご主人だね。3つの土地も大事にされるよ。3人で共有にすると、あとでややこしくなるかもしれないから考えてくれたんだろうな。もし大規模な修繕が必要な場合や、売ることになった場合、3人の意見が一致しないといけないし、孫、曾孫と続いていくと共有者もたくさん増えるかもしれないしさ。

俺も娘のために呉屋ストアーでチキンを買ってくるよ。」

 

 

すみれ

「番人さよなら。気をつけて。」

 

番人

「おー、そうだそうだ。忘れてた。一つ、他の方法もあるよ。その前にちょっとバニラアイスをたべようか。よいしょ。よいしょ。」

 

すみれ

「いいの?ありがと。」

 

ポリー

「番人さん。ありがとうございます。」

 

番人

「気にするなよ。おかわりもあるよ。いや、ないな。

土地を信託して、管理できる1人の娘さんに名義変更するんだ。ご主人が亡くなった後は、3人の娘さん全員に賃料をもらう権利をそれぞれ移動させる。」

 

すみれ

「何が違うの?」

 

番人

「まず、土地を分筆しない。他に、所有権の共有を防ぐ。ご主人が認知症などになったとしても、名義人の1人が管理・修繕する。3名の意見が一致したら、売却することもできる。」

 

すみれ

「うーん。」

 

ポリー

「うーん。なかなか。」

 

番人

「まぁ、アイスも食べたし、帰ろうか。

牛飼いが歌よむ時に世の中の新しき歌大いにおこる(伊藤 左千夫)ってね。」

 

 

 

参考:

「逐条解説 新しい信託法」 2007 寺本 昌広 (株)商事法務

「信託 実務のための法務と税務」

2008 税理士法人山田&パートナーズ

「増補 新しい家族信託」 2013 遠藤 英嗣 日本加除出版(株)

「民事信託超入門」 2014 河合保弘 日本加除出版(株)

「相続対策で信託・一般社団法人を使いこなす」

2014 宮田 房枝 (株)中央経済社