〒903-0114沖縄県中頭郡西原町字桃原85番地 TEL098-945-9268 受付時間平日9:00~17:00

司法書士宮城事務所 > お便り > 家族信託・民事信託 > 10月27日付週刊かふう「家族信託」(後編) 司法書士中村敦先生

10月27日付週刊かふう「家族信託」(後編) 司法書士中村敦先生
2017年11月02日

 

 

記事内容がよく分からなかったので、新聞社に送ってみたのですが、無視されたので、ここに置いておきます。

 

 

 

2017年10月27日週刊「かふう」

新しい財産管理として注目される「家族信託」(後編)

司法書士中村敦先生

 

 

1、「契約や遺言で行うもので」は、誤りです。信託宣言(自己信託)(信託法第3条第1項第3号)があります。適切な受託者を見つけることができない方や、自己信託を利用した方が有効な方もいらっしゃいます。

 

 

 

2、「そして、将来父親が亡くなったら、家族信託契約時に受託者である子を次の受益者(二次受益者)として決めておけば、契約に従い子が賃料を受領する。という内容で家族信託の契約を締結することができます。」は、誤りです。その状態が一年間続けば信託は終了します(信託法163条)。

 

 

 

3、「信託財産であるアパートについては、成年後見人の権限は及ばず」は誤りです。
法定後見人の場合、法定代理人として受益者が持つ権限のうち信託法27条、31条、36条、38条、40条、41条、44条、45条、92条などは、行使することができます。

 

任意後見人の場合、一般的に包括的な代理権が与えられます。受益者が持つ権限のうち法定後見人が行使できる権利は、任意後見人も行使することができます
(受益者代理人が就いていても同じです。)。

 

 

 

4、「委託された」は、託された、又は信託設定されたの誤りです。委託されていません。

 

 

 

5、「生前にあるいは受益者死亡後に受益権の移動があった場合には、贈与税や相続税の課税対象となる場合があります」について、相続税の課税対象となる場合があるのでしょうか?

 

生前に受益権が移動した場合に、贈与税の課税対象となる場合があると思います。

 

受益者死亡の時に次の受益者に受益権が移動した場合は、相続税の課税対象となります。ここは信託してもしなくても同じです。

 

受益者死亡「後」に受益権が移動、というのはどういう場合を想定しているのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

下にある文章、これが、あのテンプレートというものです。

 

何か言っているようで、何も言っていない文書とは、このように書きます。

以前は大きな会社や、官庁が利用していたような文書です。

 

正広コーポレーションってそんなに大きな会社なんでしたっけ。県内新聞を始めマスコミと繋がっているから、自分の会社は潰れないと思っているのでしょうか。

 

 

 

会話を想像してみると、

部下「他の司法書士がしょっちゅういちゃもん付けてきているけどどうしますか?」

 

上司「適当に謝罪文でも書いて送っとけ。A41枚で良いよ。以前にも同じようなのがあったから、それを使いまわして。」

 

部下「分かりました。」

 

上司「こっちは広告料もらって載せているだけなんだから、記事の内容まで知るか。こんなのにまともに付き合っていたら、時間がもったいない。」

 

 

というようなやり取りが、おそらくもっと過激な言い方でされていたら。

面白いですね。

 

 

 

私もたまに似たような方法を使います。

 

 

まず執筆者に連絡して、本人がチェックをし、指摘が間違っていたら間違っている理由、記事に誤りがあれば、認めて、連絡するのが先です。

その後、訂正するかの判断を仰ぐのが普通です。

 

 

琉球新報社の記事では、そのように対応していただいています。

何が間違っているのかを書いていない。
原因も間違っている(専門的分野なので、かふうの方にチェックする能力はないです。)。

 

追記は不要で、その回答を聞きたいのですが。

軽くジャブを打っているのかもしれません。面白い会社ですね。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

司法書士 宮城 直 様

 

 

拝啓

 

仲秋の候、宮城様にはますますご健勝のこととお慶び申し上げます 。平素は、格別のご愛顧を賜り、お礼申し上げます 。
この度は、弊誌の誤った記 事の掲載及び、その原因となりました原稿チェッ クが不十分であったことにつきまして、ご指摘を頂戴し深くお詫び申し上げます。

 

 

 

また、記 事の公正に十分注意を払うように指導しておりましたが、不十分であることを痛感し猛省いたしております。

以後、このようなことのないよう編集担当各員に反省を促すとともに社員教育の徹底をはかり、紙面の向上に努めてまいりますので 、今後とも変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

 

誠に略儀ながら、書中にてお詫びを申 し上げます。

 

敬具

 

 

追記:宮城様から頂きましたお手紙、内容につきましては執 筆を担当しました中村敦司法 書士事務所へも連絡させて頂きました 。

 

 

 

平成 29 年 1 0 月 30 日
週刊かふう 編集室編集長 ○○

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

2017年11月13日追記

 

週刊かふう 編集室編集長○○様より電話がありました。

 

琉球新報社から指摘を受けて、前回の書面の通りのような電話でした。

 

訂正はしないということなので、記事は正確という認識でめでたしめでたし。