〒903-0114沖縄県中頭郡西原町字桃原85番地 TEL098-945-9268 受付時間平日9:00~17:00

司法書士宮城事務所 > お便り > 企業・法人 > コンプライアンス、ガバナンス、ファイナンス

コンプライアンス、ガバナンス、ファイナンス
2017年09月07日

法令遵守(compliance)、統治(governance)、金融(finance)

 

 

法令遵守(コンプライアンス)は建前としては当たり前とされています。

 

統治(ガバナンス)は、政治の世界のものだと思っていましたが、経営の世界でも使われるようになりました。しかし、会社は長期的な営利目的を超えた存在だ、社会倫理を実現するためにあるのだ、と声を大にして言うことは私にはできません。

 

 

なぜコーポレートガバナンス、コーポレートガバナンスといわれるのでしょう。複雑な商品やサービスが多く、情報の非対称性が生まれやすい環境が原因の1つと考えることもできるのではないでしょうか。

 

会社内でも隣の人が何をしているか知らない、聞いても完全には分からない、購入してくれる人に対して情報の伝え方次第で価値が変わってくる。上場している企業では株主に説明しないといけない。上場していない企業では、お客さんや取引先や金融機関に説明しないといけない。そのような時代に価値を創造するための「説明の仕組み」のようなものが必要とされているのではないかと考えたりするのですが、どうでしょうか。

 

金融(ファイナンス)は、お金のやり繰りと考えれば、これが出来なくなった瞬間に企業は生きていけなくなります。そのために法令を冒してでも生き残ろうとする企業が出てきます。そのような文脈で考えると、金融のための法令遵守、金融のための統治、という側面もあるのではないかと考えます。