〒903-0114沖縄県中頭郡西原町字桃原85番地 TEL098-945-9268 受付時間平日9:00~17:00

司法書士宮城事務所 > お便り > 企業・法人 > (株)琉球銀行の自己株式取得と簡易株式交換

(株)琉球銀行の自己株式取得と簡易株式交換
2017年05月16日

 

練習

 

スケジュール

 

自己株式取得
1、取締役会決議
2、銀行の株式を買い取り 1株1622円×366,300株=593,772,300円

 

 

期中仕訳
(借方)自己株式593,772,300円 (貸方)現預金593,772,300円
支払手数料○○円             預り金○○円

 

 

株主資本
純資産の部
株主資本
資本金         54,127,000,000,000円
利益剰余金                      ○○円
その他利益剰余金                  ○○円
繰越利益剰余金                  ○○円
利益剰余金合計                 ○○円
自己株式           ▲1,074,772,300円
(481,000,000,000円+593,772,300円)

 

 

 

 

簡易株式交換
1、取締役会決議(株)琉球銀行と(株)琉球リース 平成29年5月10日
2、株式交換契約締結(株)琉球銀行と(株)琉球リース 平成29年5月10日~書面の備置き
3、株主総会決議 (株)琉球リース 平成29年6月26日予定 (通知・公告・単元未満株式の買取りなど)
4、株式交換の効力発生 平成29年7月31日予定(~書面の備置き)

(株)琉球リースの株主が、(株)琉球銀行になる。

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
参考

 

会社法156条、165条、796条
法人税法22条、法人税法施行令23条、法人税法施行令8条

金融商品取引法27条2
 

自己株式立会外買付取引(ToSTNeT-3)

 

買方を発行会社に限定した自己株式取得専用の取引です。
終値取引では完全時間優先で売買が成立するのに対し、自己株式立会外買付取引では買付数量に相当する売付数量を当取引所が定める配分方法をもって配分します。
出典:日本取引所グループHP 2017年5月12日閲覧
(株)琉球銀行HP 2017年5月12日閲覧