〒903-0114沖縄県中頭郡西原町字桃原85番地 TEL098-945-9268 受付時間平日9:00~17:00

司法書士宮城事務所 > お便り > お便り > PartⅢ どこが変わった?ここが変わった!⑫ (仮訳)

PartⅢ どこが変わった?ここが変わった!⑫ (仮訳)
2016年04月13日

Q 債権者や債務者が複数になる場合、どのような取扱いとなるのでしょうか?

 

Q In case obligee or obligor are more than one person, what does the law provide?

 

A 債権者が複数の場合については連帯債権に関するルールが明文化され、債務者が複数の場合については、連帯債務の意味が明らかになります。

 

A In case obligee are more than one person, the rules about solidary claim is provided. In case obligor are more than one person, the meaning about Joint and Several Obligations will be clear.

 
たとえば、夫婦が共同で住宅を購入するとき、夫婦2人を債務者にして借入れをすることがあります。具体的には、住宅ローンの金額が1,000万円であるとき、銀行は夫にも妻にも1,000万円の返済を請求することができます。また、妻が1,000万円を返済したときは、夫は銀行に対して1,000万円を返済する必要がなくなります。現行民法ではこのような債務を連帯債務と規定しています。また、2人で共有している自動車を売却する場合、売主の1人が自動車を買主に引き渡せばもう1人は自動車を引き渡さなくてもよくなりますが、現行民法ではこのような債務を不可分債務と規定しています。

 

In case a couple purchase a house, the couple may bear a joint and several obligation. If the home loan is ten million yen, the bank may request to pay the money to one of the couple, or all of the couple. When the wife reimburses ten million yen to the bank, the husband don’t need to reimburse ten million yen to the bank. The obligation like above case is called “Joint and Several Obligations” in the existing Civil Code. In case two people sell a car in co-ownership, when one of the sellers delivers the car to a buyer, the other don’t need to deliver the car. On the existing Civil Code, this obligation is called Indivisible Claim.

 

 

現行民法では、債権者や債務者が複数になる場合を想定したルールが設けられています。これに対して、たとえば、不動産の売却手続について、AさんがBさんを代理人に選任したところ、BさんはさらのCさんを代理人に選任(復代理)した場合、AさんとBさんは、Cさんに対して代理人としての義務を果たすよう、求めることができます。このような場合、AさんとBさんの、Cさんに対する権利は連帯債権であるとされていますが、現行民法では、連帯債権に関する規定が設けられていません。

 

On the existing Civil Code, the rule about the case obligee or obligor are more than one person is provided. On procedure about a sale of real property, when A appointed B as a agent and B appointed C as a Sub-agent, A and B may demand that C performs his/her obligation. A’s right and B’s right to C is called solidary claim. But there is no provision about solidary claim in the existing Civil Code.

 

そこで、新しい民法では、連帯債権の意味を明らかにしたうえで、連帯債権者同士の法律関係や、連帯債権者と債務者との間の法律関係が新たに規定されることになります。また、現行民法の連帯債権の規定は、「数人が連帯債務を負担するとき」とだけ定められており、その意味が明らかにされていませんでした。そこで、新しい民法では、連帯債務の意味を明文化します。

 

On the new Civil Code, the legal relationship between joint and several obligees and the legal relationship between joint and several obligees and obligor are prescribed. The existing Civil Code provide that Joint and Several Obligations is “If more than one person bears a joint and several obligation” in Joint and Several Obligations. But what Joint and Several Obligations means wasn’t clear. So, what Joint and Several Obligations means is provided for in the new Civil Code.

 

出典:『民法改正でくらし・ビジネスはこう変わる!』 2015年 日本司法書士会連合会 ㈱中央経済社

 
村上春樹さんの『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』を読みました。途中途中で考えさせられることが多く、夢中ではありましたが、それでも最後まで読み終えることができて良かったです。でも、読み終わったあと、自分も多崎つくると一緒に(?)一皮ぬげた感じがしています。そんな意味で、読んでとってもよかったなと思えるお話でした。