〒903-0114沖縄県中頭郡西原町字桃原85番地 TEL098-945-9268 受付時間平日9:00~17:00

司法書士宮城事務所 > お便り > お便り > PartⅢ どこが変わった?ここが変わった!⑩ (仮訳) 

PartⅢ どこが変わった?ここが変わった!⑩ (仮訳) 
2016年03月04日

Q 債務が履行されない場合、債権者はどのように契約を解除すればよいのでしょうか?

Q If the obligation isn’t fulfilled, how does the obligee cancel the contract?

 

A 原則として、催告をして契約を解除することになりますが、明らかに債務者が履行を拒否している場合などは、催告をせずに契約を解除することができます。

A As the rule, the obligee notifies for request of fulfilment of the obligation and cancels the contract. But if the obligor clearly refuses fulfilment of the obligation, the obligee can cancel the contract without the notification of request.

 

 

契約を結んだものの債務者が契約を守らない場合、債権者は契約を解除することができます。解除をすると契約はなかったことになるので、債権者は別の相手を探して契約をすることができます。

 

If the obligee doesn’t keep the contract, the obligor can cancel the contract. The obligee can make a contract with someone else, because the contract disappear, when the parties cancel the contract.

 

現行民法では、契約を解除するための要件として、①債務の履行がないこと(不履行の事実)、②債務者の責めに帰すべき事由があること(帰責事由)、③債務者に債務の履行を催告すること(履行の催告)が必要です。このうち履行の催告については、たとえばクリスマスの日にクリスマスケーキを届けるといったように一定の期日が決まっている場合(定期行為)や、引き渡す物が完全に壊れてしまった場合(履行不能)には、債務者に対して履行の催告をする意味がないことから、催告は不要であるとされています。

 

On the existing Civil Code, the following requirements(①②③) is needed to cancel the contract. ①The obligor doesn’t fulfill the obligation. ②There are reasons to accept the responsibility for the obligor. ③The obligee notifies for request of fulfilment of the obligation( demand of performance ). But, in the following case, the demand isn’t needed because it is meaningless to demand of performance to the obligor. For example, delivery of the Christmas cake at the day of Christmas. The purpose of the contract cannot be achieved unless the performance is carried out at specific time and date (Performance where time is of the essence.). The object to deliver was broken( impossibility of performance ).

 

新しい民法では、これらの要件に加えて、たとえば債務者が履行をしない意思を明らかにしている場合や、履行の催告をしても契約の目的を達成できる見込みがない場合にも、履行の催告をすることなく契約を解除することを認めています。

 

On the new Civil Code, in addition to these requirement, the obligee can cancel the contract without demand of performance in the following case. The obligor reveal that he will not perform. There is no possibility to achieve the purpose of the contract when the obligee demands performance.

 

また、契約の解除の要件として帰責事由を不要としています。これは、債務の履行がない場合、履行の催告をして債務の履行を待つよりも、新しい相手を探して契約をしたほうが、損害が軽くなることがあるからです。

 

Also, the requirement to cancel the contract doesn’t need the reasons to accept the responsibility for the obligor. When the obligor doesn’t perform the obligation, the damage of the obligee may be smaller at the case the obligee looks for the new obligor and makes the contract with him/her than the obligee demands the performance and waits the performance of the obligation.

 

たとえば、ケーキ屋がクリスマスケーキを作るために、あるイチゴ農家からイチゴを納入してもらうはずだったものの、代金の支払方法をめぐってトラブルが生じたような場合、ケーキ屋としては元々の契約を解除して他からイチゴを仕入れたほうが損害は小さくてすみます。そこで、債務の履行がない場合には、履行の催告をして、もしくは催告をすることなく契約を解除することができるようになります。

 

The cake shop will be delivered by the farmer of strawberry to make Christmas cake, but the shop had some trouble with the farmer over the way of payment. In this case, the shop cancel the contract, and buy strawberry from other farmer, then the damage of the shop is small. So, if the obligee doesn’t perform his/her obligation, the obligee demands the performance or he/she doesn’t demand the obligation, and the obligee cancels the contract.

 

 

出典:『民法改正でくらし・ビジネスはこう変わる!』 2015年 日本司法書士会連合会 ㈱中央経済社

 

 

先日、『森崎書店の日々』というお話を読みました。このお話を読むのは二回目ですが、本好きにはたまらない一冊なんじゃないかと思います。私の父や知り合いにもお勧めしたら、絶賛してくれました。映画化もされているようですが、私はまだ観ることができていません。神保町の古本屋さんが舞台です!