〒903-0114沖縄県中頭郡西原町字桃原85番地 TEL098-945-9268 受付時間平日9:00~17:00

司法書士宮城事務所 > お便り > お便り > PartⅢ どこが変わった?ここが変わった!⑦ (仮訳)

PartⅢ どこが変わった?ここが変わった!⑦ (仮訳)
2016年02月05日

Q 年5%に固定されている法定利率ですが、変更されるのでしょうか?

Q Is the legal rate of five percent a year changed?

 

A 時々の社会経済や生活実態に合わせた変動制が導入されます。

A The variation system which fits society, economy, and the actual life state of the times is introduced.

 

たとえば、友人から「利息をつけて返すから、お金を貸して」と言われたとします。お金の貸し借りの利息は、原則として当事者が合意した利率となりますが、具体的な利率を決めていない場合には法定利率のルールが適用されます。そのほかにも、交通事故の損害賠償など相手方に対して一定のペナルティ(遅延損害金)をつけて請求をすることになりますが、この場合にも法定利率のルールが適用されます。つまり、利息や遅延損害金が発生する場合で、その取り決めがないときに適用されるのが法定利率ということになります。

 

For example, your friend says you “please lend me some money, I will pay you the money at interest”. The interest, when a person lends and borrows money, is the rate, which parties agree, as a rule. If they don’t decide specific rate, the legal rate is applied. Also, at recovery of a traffic accident, the victim demands the recovery with delinquency charge, which is the penalty to the person who caused the traffic accident. In this case, the legal rate is applied. So, when the interest or delinquency rate doesn’t exist, the legal rate is applied.

 

現行民法では法定利率は年5%(商取引の場面における商事法定利率は年6%)の固定制となっています。かつて、預金の金利が5%程度であった時代には、年5%の法定利率も実情に合っていたかもしれませんが、昨今の経済状況では、かなりの高利率といえるでしょう。また、今後長い目でみて経済が良くなっても、悪くなっても、年5%に固定されたままというのは合理的とは言えないでしょう。

 

On the existing Civil Code, the legal rate is five percent a year and it is fixed system( commercial legal rate is six percent a year ). The legal rate that meet the actual situation of the time, when money rate of deposit used to be about five percent a year, is very high at contemporary economic state. Five percent a year is not a rational, the economy takes neither a upturn nor downturn.

 

新しい民法では、法定利率の年5%固定制をやめて、短期(貸付期間が1年未満)の市場金利に連動する変動制になります。変動制といっても、当初は寝ん3%としたうえで、以後3年毎に利率の見直しが行われますので、市場金利に比べて変動の頻度は少ないものになります。また、見直し前の利率と「過去5年間の短期市場金利の平均値」との利率差を加算(または減算)する方法により利率が決められますが、利率差が1%未満の端数は切り捨てられますので、変動頻度や変動幅も少なくなります。

 

On the new Civil Code, five percent a year of legal rate change into variation system, which is linked to market money rates of short term. At this variation system, the legal rate of first three years is three percent a year, and after the three years, the legal rate is revised every three years. So, the frequency of variation is smaller than market money rates. Also, the rates is decided by addition( or decrease ) of the difference of the rates, which the rate before review, and “average of market money rates of short term of the last five years”, but the variation frequency and the variation amount are small because the difference round down fractions under one percent.

 

このルールは、商取引の場面においても適用されることになりますので、商事法定利率は廃止され、ルールが1本化され、分かりやすくなります。

 

Commercial legal rate is abolished because of application this rule to commercial transaction.

 

出典:『民法改正でくらし・ビジネスはこう変わる!』 2015年 日本司法書士会連合会 ㈱中央経済社

 

 

よく庭先で見かける大きめの黄色い花は、目にとまると気持ちがポワァーっと明るくなります。調べると、有明葛というそうです。有り明けとは、夜明けという意味があるそうですね。何か、よくわかる気がします。