〒903-0114沖縄県中頭郡西原町字桃原85番地 TEL098-945-9268 受付時間平日9:00~17:00

司法書士宮城事務所 > お便り > 家族信託・民事信託 > 1 法第98条第1項の権利の保存 (仮訳)

1 法第98条第1項の権利の保存 (仮訳)
2016年01月27日

 

 

第十二 信託に関する登記

一 信託の登記

1 法第98条第1項の権利の保存 (仮訳)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

土地を家族信託。受託者が建物を新築して、建物に所有権保存登記、受託者又は受益者が債務者となり新築費用を借入れたため、抵当権を設定した場合。

 

 

  • 登記記録(登記簿):●The registration record (The registry)

〇〇県〇〇市〇〇字〇〇         全部事項証明書: The certification of all recording matters (建物):The building

表題部:The heading section

(建物の表示):The description of the building

調整

:The prepared

平成〇〇年〇月〇日

:The prepared date

不動産番号

:The real property number12345567890123

所在図番号

:The location map number

余白:The blank

【所在】

:The location

〇〇県〇〇市〇〇町〇〇 余白: The blank

家屋番号○○番

: The building number

①種類 :The type

居宅 : The house

②構造

:The structure

③床面積 ㎡

:The floor area

原因及びその日付

:The cause for recording and date thereof

【登記の日付】:The recording date

鉄筋コンクリート造陸屋根2階建

The reinforced concrete construction land roof two floors

平成○○年○○月○○日新築:

[平成○○年○○月○○日]

所有者: The owner

〇〇市〇〇丁目〇番〇号   〇〇 〇〇: The name and address of owner

権 利 部(甲区): The rights section (The section A)        (所有権に関する事項): Matters concerning the owner

順位番号

:The rank number

登記の目的

:The purpose of recording

受付年月日・受付番号

:The recording date and number

【権利者その他の事項】

:The holder of rights and other particulars

所有権保存

:The preservation of ownership

平成〇〇年〇月〇日

第〇〇〇〇号

原因: When and for what cause ownership was acquired

平成〇〇年〇月〇日信託: The trust date

所有者: The name and address of owner

〇〇市〇〇丁目〇番〇号

〇〇 〇〇

信託財産の処分による信託

:The trust disposition of the trust property

信託目録第何号:The inventory of trust number

※下線のあるものは抹消事項であることを示す。

The underlines indicate delated matters.        The filing Number:00000000000 (1/1)                  1/3

権 利 部(乙区): The Rights Section (Section B)       (所有権以外の権利に関する事項): Matters concerning right except the owner

順位番号

: :The rank number

登記の目的

: The purpose of recording

受付年月日・受付番号

: :The recording date and number

【権利者その他の事項】

: The holder of rights and other particulars

抵当権設定

:The establishment of mortgage

原 因: The cause for recording

平成〇〇年〇月〇日金銭消費貸借:The loan for consumption date

同日設定:The establishment date

債権額 :The aamount : 金額(きんがく) / amount of moneymount of the claim ssecure : 保全する(ほぜんする)ecured 金〇〇〇万円

利息: The Interest (年〇%年365日日割計算)

損害金:The amount of compensation for damage prescribed

年〇〇% (年365日日割計算)

債務者:The name and address of obligor

〇〇市〇〇丁目〇番〇号

〇〇 〇〇

抵当権者:The name and address of holder of rights

〇〇県〇〇市〇〇丁〇番〇号

株式会社〇〇〇〇

〇〇県〇〇市〇〇町〇〇〇〇―〇         全部事項証明書: The certification of all recording matters (建物):The building

信託目録:The inventory of trust

調整: The prepared

番号

: The number

受付年月日・受付番号

: The recording date and number

予備:The preparation

第1号

: The number 1

1 委託者に関する事項

:1 Matters concerning the settlor

〇〇市〇〇丁目〇番〇号

〇〇 〇〇

: The name and address of the settlor.

2 受託者に関する事項

:2 Matters concerning

the trustee

〇〇市〇〇丁目〇番〇号

〇〇 〇〇

: The name and address of the trustee.

3 受益者に関する事項等

: 3 Matters concerning

the beneficiary

〇〇市〇〇丁目〇番〇号

〇〇 〇〇

: The name and address of the beneficiary.

4 信託条項

:4 Trust clause

1、信託の目的: The purpose of trust

管理、運用及び処分。

: maintain the real property of the trust

use the real property of the trust

dispose the real property of the trust

 

2、信託財産の管理、運用及び処分の方法

:the procedure to maintain the real property of the trust

the procedure to use the real property of the trust

the procedure to dispose the real property of the trust

 

(1)受託者は、受益者又は受益者代理人の同意を得て、信託不動産を処分することができる。

: (1) The trustee may dispose the real property of the trust when he beneficiary or the beneficiary’s agent agree to disposition.

 

(2)受託者は、受益者又は受益者代理人の同意を得て、下記の事項に関して信託不動産に抵当権を設定し、抵当権設定登記手続を行うことができる。

 

: The trustee may set mortgage and registry of the mortgage in the real property of the trust in the following case (ア、イ、ウ) when the beneficiary or the beneficiary’s agent agree to it.

 

 

ア 信託不動産のためにする金銭の借入れのために、受益者または受託者を債務者とする場合

: The obligor, who is the beneficiary or trustee, loan money the real property of the trust.

 

イ 受益者が本信託設定以前において、信託不動産のために負担していた債務を担保するため、受益者を債務者とする場合。

: The obligor , who is the beneficiary, secure the obligation for the real property of the trust

 

ウ 信託費用が欠ける場合、信託費用等を補填するためにする金銭の借入のため、受託者を債務者とする場合。

: The obligor, who is trustee, loan for the cost of the trust.

 

(3)受託者は、受益者又は受益者代理人の同意を得て、信託不動産に設定された抵当権(上記アからウに従って設定された抵当権を含む。)を解除し、抹消登記手続を行うことができる。

: The trustee may release of the mortgage and cancel the registration of the mortgage , which include ア、イ、and ウ.

 

3、信託の終了の事由 : The grounds for termination of the trust

 

本信託の終了事由は、下記の通りである。

: The grounds for termination of the trust are the following.

 

(1)受託者及び受益者又は受益者代理人が合意した時。

: (1) If the trustee and the beneficiary (or the beneficiary’s agent) agree to termination of the trust, the trust terminates.

 

(2)信託法に定める事由が生じた時。

: (2) If the grounds in the trust act occur, the trust terminates.

 

4、その他の信託条項

(1)受益権の処分の制限: restraint of disposition of the beneficiary right

受益者は、受託者の同意なく、その受益権の分割、放棄、譲渡、又は質入れその他の担保設定 を行うことができない。

: The beneficiary must get consent from the trustee,

when the beneficiary split the beneficial interest

when the beneficiary waive the beneficial interest

when the beneficiary assign the beneficial interest to another

when the beneficiary pledge the beneficial interest.

 

(2)信託の変更 : Modification of the trust.

本信託は、受託者および受益者又は受益者代理人との合意により、変更することができる。

: The trust may modify when the trustee and the beneficiary (or the beneficiary’s agent) agree to the modification.

 

(3)残余財産の帰属権利者 : The holder of vested right of the residual asset

 

本信託の残余財産の帰属権利者は、最終の受益者とする。

: The holder of vested right of the residual asset in the trust is the last beneficiary.

 

(4)清算手続の終了 : Termination of liquidation procedure of the trust.

 

受託者による信託の清算手続は、信託財産の全てを、これに関する一切の債権債務関係と共に、残余財産の帰属権利者に引き渡したときに終了する。

: The liquidation procedure in the trust by the trustee terminates when the trustee deliver over the all asset of the trust with all claim and obligation to the holder of vested right of the residual asset.

 

これは登記記録に記録されている事項の全部を証明した書面である。

: This document evidences all of the entries made in the registry.

 

Official Seal★

(〇〇地方法務局管轄)〇〇Legal Affairs Bureau

〇〇年〇〇月〇〇日 Date

 

〇〇Legal Affairs Bureau   登記官 〇〇  Registrar’s name: 〇〇

※下線のあるものは抹消事項であることを示す。

 

Underlines indicate delated matters.        Filing Number:00000000000 (1/1)

 

 

 

 

 

 

 

土地を家族信託。受託者が建物を新築して、建物に所有権保存登記、受託者又は受益者が債務者となり新築費用を借入れたため、抵当権を設定した場合。

 

 

参考

「不動産登記記録例集」(株)テイハン

「信託目録の理論と実務」渋谷陽一郎 (株)民事法研究会

「改訂版 信託登記の実務」信託登記実務研究会 日本加除出版(株)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

グールドのモーツァルト聴いてます。

 

 

 

信託登記記録(所有権の保存2)20160127

 

 

信託登記記録(所有権の保存2)20160127_0001

 

 

信託登記記録(所有権の保存2)20160127_0002

 

 

信託登記記録(所有権の保存2)20160127_0003