〒903-0114沖縄県中頭郡西原町字桃原85番地 TEL098-945-9268 受付時間平日9:00~17:00

司法書士宮城事務所 > お便り > お便り > PartⅢ どこが変わった?ここが変わった!⑥ (仮訳)

PartⅢ どこが変わった?ここが変わった!⑥ (仮訳)
2016年01月25日

Q 当事者が支払額や方法について協議中の場合でも時効は完成してしまうのでしょうか?

Q Does the prescription complete the period when the parties confer about the payment and the way of the payment?

 

A 協議を行う旨の合意を書面で取り交わしていれば、最長で5年間、時効の完成が猶予されます。

A If the parties put the agreement to confer into document, the completion of the prescription is extended for utmost five years.

 

消滅時効は、長期間権利を行使しない債権者を、法律で保護しないという制度です。ということは、債権者と債務者が債務額や支払方法について協議をしている間は、債権者は権利を行使しているともいえるので、保護すべきということになります。ところが現行民法には、このような場合にも消滅時効が止まるというルールがありません。債務者が債務を承認すると、消滅時効が更新する規定はありますが、権利関係についての協議をしていることが債務を承認したことになるわけではありません。たとえば大きな事故が発生し、被害者である債権者と加害者である債務者が長期間にわたって加害者の責任、損害額や支払方法について協議をしていたところ、時効期間が経過したために加害者が消滅時効を主張できるとしたら、被害者の保護は十分とはいえません。

 

Extinctive prescription is a rule. Obligee, who doesn’t use his/her right for a long time, isn’t conserved by the rule. So the obligee should be conserved by the rule while the obligee and the obligor confer about the payment and the way of the payment. Because the obligee use his/her right. But the existing Civil Code don’t have a rule to stop the extinctive prescription in this case. The extinctive prescription is renewed on obligor’s acknowledgement to obligation. But right-related conference about the obligation doesn’t mean acknowledgement to obligation. For example, in the following case, the protection of a victim isn’t enough. A big accident occurred. The obligee, who is victim, and the obligor, who caused the accident, confer about the responsibility of the obligor, the amount of damage, and the way of payment for a long time. So, if the obligor can maintain the extinctive prescription because the period of prescription has passed, the protection of a victim isn’t enough.

 

そこで、新しい民法では債権者と債務者が権利関係について協議を行っている間は、時効の完成が猶予されるという制度を設けるとしています。この場合、債権者が弱い立場の債務者に協議をさせることも考えられますから、債権者と債務者が協議をしていることを書面に残す必要があります。また、完成猶予の期間は1回の書面のやりとりで最長1年まで認められます。1年の期間が満了するまでに、再度、協議をする旨の書面を作成することは可能ですが、時効の完成夕猶予の期間はトータル5年間までとされています。これに対して協議を打ち切りたい当事者は、相手に対して協議を拒絶する旨の通知をし、そこから6か月を過ぎると時効が完成することになります。

 

On the new Civil Code, while the obligee and the obligor confer about the right-related, the completion of the prescription is extended. In this case, a document, which represents that the obligee and the obligor are in conference, is needed because it’s thought that the obligee leads the obligor, who is week position, to confer. Also, the period of the extension of the prescription is recognized to be utmost one year with one exchange of document. It is possible to make a document about conference for the second time before expiration of the term of one year. But, the term of the extension of the prescription is provided that five years are the longest. The party, who wants to stop the conference, gives the other party notice of the rejection of the conference, and the prescription expires when six months pass since the time of the notice.

 

 

出典:『民法改正でくらし・ビジネスはこう変わる!』 2015年 日本司法書士会連合会 ㈱中央経済社

 

 

大変寒いですね。

今朝、雨が降っておりましたが、氷の粒のようなものも混じっているような、いないような。屋根にパラパラ何かが当たる音が・・・。

こんな寒い日はラーメンでも食べて温まりたいです。